▼ MENU

なぜ?末広整体ラボでは

こんなにも脊柱管狭窄症が

改善されるのか

柔道整復師(施術家)の

研修も行っています

お客様の喜びの声


「歩けない…」

 

Q 末広整体ラボにご来院いただく前はどんなお悩みがありましたか?


歩行中に腹部が締め付けられるように痛くなり、歩き続けることが難しくなったことが来院の理由です。もともと歩くのは苦にならず、脚力には自信があったのですが、姿勢が悪く猫背であることは自覚していました。腹部が締め付けられるのは、姿勢が悪いからではないか、姿勢を正せば以前のように歩けるのではないかと考えていました。


Q その辛かった痛みに対し、今までどのようなことをされてきたんですか?


整形外科では痛み止めの注射等を勧められたのですが、一時的に痛みはおさまっても根本的な解決にはならないと思い、普段の生活の中で姿勢を正そうとしてみました。ところが、腹筋も背筋も弱く、姿勢を正す体操などにもトライしましたが、なかなか思うように体を動かすことができませんでした。


Q その辛かった症状は、今どうでしょうか?


長年の姿勢の悪さが積み重なり、背中が前方に曲がっているだけでなく、左右方向にも歪んだまま凝り固まっているような感じでしたが、施術を受け続けることで柔軟になってきたと実感しています。背中が柔らかく動かせるようになるにつれて、だんだんと姿勢を正せるようになり、腹部が締め付けられて歩き難くなることが少なくなりました。


Q 同じ症状で悩んでいる方に向けて、何かメッセージをお願いします。


施術時の痛みはなく、何のために行っているか先生が丁寧に説明してくださり、施術後は歩くのがとても楽なので、毎回楽しんで施術を受け続けることができました。家でも、施術時に先生に教えていただいた体操を続けるようにしました。体操をやっていくと、先生はしっかりと見抜かれていて(やっていない時も)励ましていただけるのも嬉しかったです。これからもメンテナンスの施術を受けると同時に、家出の体操を続けようと思います。


 松岡 環さん


※患者様 個人の感想です。

脊柱管狭窄症

本とか、ネットにも情報があふれていますね。

あなたもいろいろなことが書いてあり実際のところよくわからない、、、。

そんなことはないでしょうか?

脊柱管狭窄症についての当院の考え方です。

 

脊柱管狭窄症の自覚症状は?

長い時間は歩けないが休息をとるとまた歩くことができます。

腰痛はあまり強くないことが多く、安静時にはほとんど症状はありません。

  

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた脊髄神経が通るトンネルのことです。年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって神経の通る脊柱管が狭くなります。それによって神経が圧迫を受け、神経の血流が低下して脊柱管狭窄症を発症します。

 

特徴としては、ある程度の時間を歩いていると背筋を真っすぐに伸ばして立っているとふとももや膝から下にしびれや痛みが出てきます。また、重くなるなどして歩くことが辛くなります。しかし、前かがみになったり、座ったりしゃがんだりして休息をとるとしびれや痛みは軽減または消失されます。長い間歩行できないが、しばらく休むとまた歩ける。

足に症状が出て辛くなり歩けなくなっても一旦休んで前かがみになって体を屈めてしばらく休むと、また歩くことが可能になります。

上記のような状態を繰り返し起こすことが特徴です。これを間欠性跛行と言います。

歩きはじめてから歩けなくなる時間は個人差があります。狭窄部分の状態や今までの経過によって違ってきます。

20分以上連続して歩くことができなければ重症だと思ってください。

 

脊柱管狭窄症と思っていたら、、、

足の痛みや痺れで長く歩けない症状としては他にも閉塞性動脈硬化症という疾患もあります。

 

症状は坐骨神経痛や脊柱管狭窄症と似ていても原因が全く異なりますので注意が必要です。


そのため、あなた自身では判断が難しいと思います。

 

閉塞性動脈硬化症とは?足の血管が動脈硬化によって、狭くなったり、詰まったりする病気です。足への血流不足によって痛みが出現し、歩行障害が起きます。 


脊柱管狭窄症と閉塞性動脈硬化症の違いは?

症状が出現したら脊柱管狭窄症は体を屈めたり、あるいは、座ると楽になりますが、閉塞性動脈硬化症は症状に変化がない場合が多いです。

自転車に長めに乗っても脊柱管狭窄症の方は痛みや痺れは出ません。自転車は体を屈めて乗るからです。

反対に閉塞性動脈硬化症の方は症状が悪化します。

自転車は足の筋肉を使うので筋肉の影響により血流障害が悪化して症状が出現します。

 

閉塞性動脈硬化症と思われた方は循環器科へ受診してください。

 

なぜ、脊柱管狭窄症になってしまったのか??

脊柱管内部の変形や肥厚は、その中を通っている脊髄を保護しようとして起こっています。いわば自己防衛をしているのです。

 

脊柱管内に対して、繰り返しの力が加わり続けます。それによって、長い時間をかけて変化をしていきます。

体は脳と脊髄を最優先に保護しようとします。脳は傾きに弱いので、なるべく平衡を保とうとします。背骨が倒れれば、脳は傾きます。

 

ですので背骨を倒すことを体は避けたがります。ですが体に対して長い間、間違った使い方を続ければ、背骨は傾いてしまいます。

背骨は傾いてしまっても頭は平衡を保とうとするので、また傾きが生じます。体はその度に壊れないように根元の部分を補強しようとカルシウムが分泌されて、変形や肥厚を起こします。

このような体の働きにより背骨は壊れないようになりますが、時間をかけてこの働きが積み重なって変化をし続ければ、ついには脊柱管内を圧迫してしまうのです。

 

脊柱管狭窄症が起こる原因は?

脊柱管狭窄症の症状が出るまでの過程を考えると、少なくとも数年以上前から要因を抱えたものが、それぞれの経過をたどって発症していくものと考えられます。

 

・椎間板の組織変化(変性)により起こるもの


  • ・脊椎の椎体・椎弓の骨の変形でおこるもの

  • ・椎間関節にある関節包の組織が厚くなることで(肥厚する)起こるもの

  • ・背骨の骨折や亜脱臼などによって起こるもの

  • ・すべり症(骨折や脱臼などによる縦方向のズレ)により起こるもの

  • ・すべり症以外の脊椎の回旋や横方向のズレによりおこるもの

上記のそれぞれが組合わさって発症していきます。

 

脊柱管狭窄症は改善するのか?

人の持つ自己治癒力によって、時間がかかって悪くなったものに対しても、リモデリングという形を修復する能力により回復します。

正しい体の使い方が出来るようになり続けて行っていると、脊柱管内を狭くしていた余分なカルシウムが不要となってきます。

時間の経過とともに吸収して自然となくなっていくと考えられています。

それには正しい体の動き背骨の持つ本来の動きである曲げる・伸ばす・捻るという、それぞれの正しい動きが取り戻されること。そして回復出来る環境が整うことで1ヶ月~3ヶ月程度でリモデリングされていくと考えられています。

 

回復するのに最低 数ヶ月以上~1年以上かかる場合もあります。


回復するには

 

(1)正しい動作ができるようになるまでの期間


(2)組織リモデリング期            が必要です。

 

 

上記の(1)~(2)までは早い方でも数ヶ月ほど時間が必要です。

 

正常歩行の再獲得が必要

脊柱管狭窄症の回復の過程には正しい動作ができるようになるまでの期間と組織リモデリング期の2段階必要です。

 動作の回復には正常歩行の再獲得が必要です。

 正常な歩行を行うためには、


疾病形成因子や治癒阻害因子といったマイナス要素の除外


重力に対してのバランスを取る骨盤のはたらき回復


  • 全身にある各種の重力感知機能の回復

といったことが必要になります。

 

上記のことができれば、回復は期待できる可能性があります。

お試しキャンペーン


期間限定 5月31日まで


トータル整体コース


予約多数のため先着10名様限定


残り9名


初回 1,980円

GoogleMapブロック/カスタムテンプレート(Main)にて地図を表示

ピアゴ半田店の向かいにあります。

愛知県半田市泉町110-2
名鉄、知多半田駅徒歩2分。駐車場6台あります。






なぜ、その痛みが出ているのか


徹底的に調べてから施術を行います。



 

カウンセリングによりあなたの体の歴史を追いながら、あなたの痛みの「本当の原因」を見つけ出します。これが当院の最大の特徴であり、改善する理由となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

説明が分かりやすいと評判です!




 

なぜ?このような症状になったのか、原因とお身体の状態をホワイトボードを使って分かりやすく説明します。不安なことがあれば何でもご相談ください。





バキバキ、ボキボキといった


音の出るような施術は致しません


低刺激で痛みのない整体

 

 

 

  

お子様からご高齢の方まで誰でも受けられる、安全な施術法です。ほとんどの方がリラックスして眠くなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

のべ10万人が感動!


ベテラン施術家による施術

 

 

 

 

 

豊富な知識と高い技術力により根本的に改善に導きます。






日常生活指導が徹底されている

再発予防もバッチリです






 

カウンセリングの情報とお体の状態から考えられる日常生活での問題をご指導します。施術を受けているだけでは改善に時間がかかりますし、本当の意味での改善は出来ません。 日々のセルフケア方法や歩き方や姿勢の問題など、誰でも気を付けれて守れる内容のみご指導します。

 

 

 

 

 

 

 

 

運動指導も行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歩行指導や体幹トレーニング、体操等の指導にも注力。LINE@でいつでも相談可能です

 

 

 

 

 

どこへ行っても良くならない


辛い痛みに悩む方が多数ご来院されます

 

 

 

 

 

整骨院・鍼灸・マッサージ・整体に行ってもよくならない方も、健康的な身体を取り戻されています。

 

 

 

 

 

 

無駄な施術は一切しない






 

施術は最小限の刺激・時間で終わる様に意識しています。人の体は常に良くなろうとしていますので、刺激を入れ過ぎると害な刺激となり改善を遅らせてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        明るい清潔な院内



 


豊富な経験が 絶大な信頼を得ている 半田市といえば松田先生です!


 

あんじ整体院 

 

院長 安治 久志先生




高い技術力と素晴らしいお人柄で多くの患者様に支持されておられます

 

 

 

河下整骨鍼灸院 ~Carbonic Acu.mo~

院長 中納 育子先生

 

 

 

 

どこに行っても改善できない重い症状にも対応できる先生です!

 

 

 

BORNS整体/ほんごう鍼灸接骨院

院長 田内 浩司先生

 

 

 

 

 

 

幅広い知識、技術を持っている素晴らしい先生です!

 

 

 

 

山形中央整骨院・炭酸整体LABO

院長 神農 来栄先生




いつも笑顔とやさしさで溢れているのも松田先生の院の魅力です。


ひるかわ整骨院・HONELABO

院長 比留川 嘉信先生

GoogleMapブロック/カスタムテンプレート(Main)にて地図を表示

ピアゴ半田店の向かいにあります。

愛知県半田市泉町110-2
名鉄、知多半田駅徒歩2分。駐車場6台あります。


炭酸整体は多数のメディアに掲載されました。

新聞、雑誌掲載

2014.09.15 
大阪日日新聞「気になる」サービス

2014年 美人百貨 5号

2014年 mina 6号

平 日 / 午前8:00~12:00 午後4:00~8:00

土曜日 / 午前8:00~午後2:00

水曜日/午前8:00~16:00

日曜日・祝日・水曜日午後休み

アクセス

〒475ー0858
半田市泉町110番地の2 
 駐車場6台

名鉄知多半田駅徒歩2分

JR半田駅 徒歩7分

中部国際空港セントレアより電車で45分

名鉄名古屋駅より電車で35分